木を見て70余年――

本物」を追求した住まいづくりを。

館林林業について

館林林業は群馬県館林市にある材木店です。

法人化したのが昭和21年でそれ以前は個人商店として営業していました。私が小さい頃、会社と住まいが離れているため、先代である私の父は毎日自転車で会社に通っていました。父が帰ると木のとても良い香りが、あたりに漂っていたのを覚えています。会社には製材機があり、父はそこで杉やヒノキを製材していたのです。
 大学を卒業後、設計事務所で働いた私はあの木の香りに誘われるかのように、やがて帰郷し家業を継ぐこととなりました。当時は大工さんの数も多く、仕事をいくつも抱えていていたので材木屋もいい商売だったと聞いています。
しかし、私が入社して仕事に慣れ、業界の仕組みがだんだん分かってくると、家づくりの取り巻く環境にいくつかの疑問を感じるようになりました。
 
・杉やヒノキの山に囲まれたの製材屋さんが輸入された米松を製材している。
・国産材より輸入材の方が安い。
・大工さんが国産材より輸入材を使いたがる。
・大工さんが本物の木よりベニヤ板や塩ビシートを使いたがる。
・大工さんが本物の木を加工したがらない。
・親しかった林業・製材屋さんが次々やめてしまう。
・そして手入れをされない里山が荒れてしまっている。
 
日本の林業が抱える問題や度重なる震災を経て、
私は自ら家づくりをすることを決心し、またそれに当たっていくつかのこだわりを持つことを考えました。それは、

・国産材を90%以上使用した、木の香りがする家をつくる。
・なるべく地元の林業家が生産した木材を使う。
・燃費の良い省エネ住宅をつくる。
・太い骨組み(土台、柱は12㎝角)で丈夫(ヒノキ材)で、地震に強い家をつくる。
・地元の職人がつくる。
・正直な家づくりを徹底し、適正価格で提供する。
・そしてお客様が『健康で快適に笑顔で暮らせる家』を提供する。
 
これが、私たちの追求する「本物」の住まいづくりです。
私たちにできることはとても小さなことです。
ですが、木材の良さや子供の健康に関心のあるお客様に「本物」を追求した、安心安全の家づくりを提供させていただくとともに、それが結果として日本の家づくりを取り巻く環境の改善に寄与することができれば幸いと思っています。


館林林業株式会社 
三代目代表取締役 原 弘幸