6月に突然脊髄神経が変調をきたし、

足が麻痺して、歩くのが困難になってしまいました。

命には別状なく、足以外は何ともありません。

日赤の先生の言うことには、

年齢や男女に関係なくごくごく、超まれに見かけるものだそうです。

現在はリハビリ中で、症状はだいぶ改善してきました。

何とか歩けるようになればと、苦しいリハビリに励んでいます。

足に障害が残っても気持ちは前向きです。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、

社員や、大工、職人、協力業者さんなど皆さんのご協力のおかげで

通常通り仕事をさせて頂いています。

人に優しい住宅つくりもこれからは大切なことだと、

これがきっかけで考えるようになりました。

今後も見学会やイベントを開催していく予定です。

これからも今まで同様によろしくお願い申し上げます。