築38年住宅をリノベーション オープンハウス完成見学会

昭和56年(1981年)に建築した社長の自宅をリノベしました。
ヘーベルパワーボードだった外壁を1階は杉の板張り、
2階はシラス壁(そとん壁という商品名)としました。

断熱はアキレスQ1ボード61oを充填断熱として、40oを付加断熱として施工しました。
サッシはハイブリッドのトリプルガラスです。
天井の断熱はセルロースファイバーの吹き込みで、厚みを400oとしました。

UA値0.29 HEAT20 G2グレードです。

また、地震の揺れを軽減する制振ダンパーを取り付けました。


内装は珪藻土と板張りです。床はナラの節板を張り、
不用になった2階の一部は床取り払い吹き抜けとしました。

現在、住んでいますが、オープンハウスとして随時お客様に開放して、
家づくりの参考にして頂ければと考えています。

日 時: 2019年3月2日()・3日()・4日(月) AM10:00 から PM4:00
場 所: 館林市日向町
内 容: ぐんま優良木材と自然素材でつくるリノベ住宅です。
約 束: 電話営業&訪問営業は一切致しません。安心してお越し下さい。 
特 徴: 暖房は薪ストーブです。暖房を入れる前、
     朝のリビングの室温が20度前後でとても快適です。
     この冬、寒さのストレスは全くありません。
     気密、断熱の良さ、自然素材住宅の安らぎを体験できます。 

 

0207-1.JPG

   
0207-3.JPG  
   

終了しました。
多くの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

引き続きモデル住宅として利用しますので
見学希望の方はご連絡ください。