地元の業者ではちょっと心配で・・・

ハウスメ−カーに任せて安心ですか?

ハウスメーカーの営業マンに任せて大丈夫でしょうか?
家造りは営業マンとの口約束が少なくありません。しかし、営業マンは転勤が多く、担当の営業マンがいなくなったとたん、その口約束は終わりになる可能性があります。3年〜5年で転勤になることが多いそうです。契約をしたとたん、ハイさよならなんて珍しいことではありません。なぜでしょう?それは契約をするまでが彼らの仕事だからです。また、彼らは全く畑違いから転職した人間もいて、建築を知らない営業マンが非常に多いそうです。任せて大丈夫でしょうか?そこへいくと、工務店は社長も社員もすべて地元の人間です。地元に根ざして真剣に家づくりを勉強しています。転勤もありません。地元の信頼できる工務店を選ぶことが良い家造りの第一歩になります。

それから、ハウスメーカーのあの豪華な展示場を見てください。建設費も維持費も広告宣伝費も莫大な金額がかかると思います。が、3年〜5年くらいで壊されています。もったいない話です。それらの費用は誰が負担しているのでしょう?もちろん購入者が35年の住宅ローンで負担しているのです。ばかばかしいとは思いませんか?