在来工法で地震に大丈夫?

在来工法は地震に強い工法です。

阪神淡路大震災では在来工法の住宅が多く壊れ、在来工法は地震に弱いというイメージが作られました。しかし、壊れたのは古い建物で、在来方法でもしっかり建てた住宅はびくともしないものも多くありました。2×4工法や、プレハブ工法の住宅は歴史が浅く、戸数も少なく古い住宅がなかったということです。これらのメーカーはいかにも在来工法が地震に弱い住宅だというキャンペーンを繰り広げました。しかし、建築基準法の度重なる改正で、耐震壁をバランスよく設計した在来工法は、地震に非常に強い工法になっています。ご安心ください。それよりも問題なのは外国から入った工法、2×4工法の内部結露問題の方ではないでしょうか。やはり高温多湿な日本の風土には伝統ある木造在来工法がいちばんです。